屋根・瓦 リフォーム工事よくあるご質問Q&A

Q1.そろそろリフォームの時期。屋根は見たかんじ大丈夫そうだから他の工事から進めようかと思います。
A.

屋根工事イメージ【屋根は建物全体を日差しや雨から守る一番大事な所!】屋根に不具合があると雨漏りや瓦・屋根材の剥がれ、ズレの原因になります。雨漏りは、建築材を傷めて建物全体の寿命を短くし、湿気やカビなど、室内環境を悪化させる原因にもなります。また、最悪の場合、漏電による火災の原因にもなります。『もっと早くにリフォームや点検をしとけばよかった』と後悔するお客様の声をこれまで多く聞いてきました。屋根は、建物全体を快適に守る重要な部分です。外壁の汚れや劣化は目立つところでもあるので、見栄えや外観を意識してまずは外壁の塗装工事から・・・となるところですが、私たち屋根の専門業者からの視点では、まずは、雨からお家を守る屋根からしっかりメンテナンスをしてからのほうが・・・ってお伝えしたくなるのが正直なところです。屋根のダメージは、お家の劣化を最も早めると言っても過言ではないかもしれませんね。

Q2.軽くて重厚感のある屋根材を探しています。
A.

屋根工事イメージ【ケイミュー社のROOGAシリーズ】などいかがでしょうか?無機材料の強さ、燃えにくさ。樹脂材料の水の通しにくさ、材料の粘り。それぞれの素材の優れた特性を最先端技術によって生まれたハイブリッド瓦材です。強風、台風、豪雨に強い仕組みで、瓦のズレや防水対策が施されています。また、従来の瓦より格段に軽いので地震対策にもおすすめです。また、色褪せしにくい日差しに強いコーディングで、リフォーム物件でもメーカー色保証が付いている製品です。軽量で機能性に優れた重厚感・高級感ある新しい瓦は、『ケイミュー社ROOGA』工事認定店の当社がオススメするプランです。

Q3.従来の瓦や日本瓦で台風や地震に強い製品はありますか?
A.

屋根工事イメージ【防災瓦】瓦が瓦を抑え込む、耐風、耐震機能や、漏水や雨水の浸入を防ぐ構造を持った防災機能が強化された陶器の平板瓦などが登場しています。施工方法なども、昔に比べて進化しており、台風や地震対策に対応した工事プランもございます。当社が取り扱う「丸栄陶業の栄四郎瓦」は、日本三大ブランド瓦の一つである三州瓦を取り扱うメーカーの和瓦で、耐震耐風強化瓦や洋風の瓦など種類も豊富です。

Q4.機能性とメンテナンス性重視でリフォームに適した屋根材を教えてほしい。
A.

屋根工事イメージ【ガルバリウム鋼板屋根材】は、軽くて防災性にも優れた軽量屋根材であることから、リフォーム工事にも多く使用される当店でも人気のある屋根材です。当社が取り扱う「ディーズルーフィングシリーズ」の屋根材は、錆に強いガルバリウム鋼板と同じ組成のジンカリウム鋼板を基材とし、表面に陶器瓦と同じ焼成を施した自然石粒を特殊な方法で接着した屋根材です。耐久性・防音性・断熱性・防災性・美観性はさまざまな気候でその性能を発揮し、高く評価されている屋根材です。

Q5.遠方だけど工事の依頼をお願いすることは可能ですか?
A.

屋根工事イメージ【兵庫県内ご対応可能ですよ。】大西瓦は、明石市二見町にございます。神戸、明石、加古川エリアを中心に屋根・瓦のリフォーム工事・新築工事をおこなっておりますが、西は岡山県、東は大阪市内、京都府などのご依頼もあり、ご対応可能です。雨漏り点検サービスや比較的軽作業の工事につきましては、神戸市、明石市、加古川市、三木市、稲美町、播磨町、小野市、加西市、芦屋市、西宮市、姫路市、西脇市、加東市、三田市、宝塚市、川西市及びその周辺地域に限定させていただきますが、屋根に関することでお悩みの際はお気軽にお問合わせくださいませ。

Q6.梅雨の前や台風シーズン前に屋根の様子が気になるので見てもらいたい
A.

屋根工事イメージ【台風前後や強風後の数日~約1か月は、ご予約でいっぱいになるケースが多いです。】梅雨の時期や台風シーズンになると、屋根のリフォームや瓦のメンテナンスのご依頼やお問合わせが増加し、緊急で屋根の修理をお願いしたいとお急ぎのお客様からのご依頼であっても、お客様の対応に追われていて、お伺いするのに数日後になる屋根業者や屋根職人さんが多くなるのが現状だと思います。特に大型台風が通過後は、工事の依頼が急増し、1か月~数か月間ご対応ができないといった地元の屋根業者が増えることもあり、県外他県のリフォーム工事業者の訪問セールスや勧誘が増えるようになります。緊急で雨漏りを修理をしたいけど、地元の業者が見つからないので、仕方がなく訪問セールスにやってきたリフォーム業者に屋根工事の依頼をするしかないという選択に迫られるケースになります。手抜き工事や高額な工事費用を請求されるといった被害も増えることが予想されますので、雨漏りする前に日頃からしっかり屋根のメンテナンスをおこない、屋根のリフォームは余裕をもって業者選びをすることをおすすめ致します。

Q7.あるリフォーム業者から屋根のラバー工事のセールスがあり、検討しようかと悩んでいます。ラバー工法やラバー工事のことについて知りたいので教えてください。
A.

屋根工事イメージ【専門知識のある屋根業者選びを!】中には、手抜き工事や高額な費用を請求する悪徳業者がいるのでご注意ください。屋根の専門知識を持たないリフォーム業者に訪問セールスで勧誘されて見た目だけのラバー工事をされているケースが現在でも多く見られます。中には、屋根の機能を逆に損なうような施工が見られたり、屋根材を損傷させたりしているケースもあります。特に、気を付けなければいけないのは、専門知識や資格が無くどこの業者かわからない訪問セールスマンが来ても簡単に屋根に上がらせないようにしましょう。

Q8.屋根のリフォーム工事の保証制度やメーカー保証について知りたい
A.

屋根工事イメージ【大西瓦では屋根リフォーム工事保証制度がございます。】大西瓦では、屋根リフォーム工事の施工について『大西瓦屋根リフォーム工事保証制度』をおこなっております。工事内容や仕様、また、使用する屋根材により保証内容が異なる場合があります。詳細はお気軽にお問合わせくださいませ。
『大西瓦屋根リフォーム工事保証制度』の内容の詳細はこちら▼

Q9.大西瓦の施工実績について知りたい
A.

屋根工事イメージ【神戸市内、明石市内、加古川市内の屋根工事・瓦の工事実績多数!】大西瓦は、神戸、明石、加古川、姫路の阪神間を中心に、兵庫県内で20年以上に渡り、新築物件、リフォーム物件の屋根工事・瓦工事をパートナー企業様と共におこなって参りました。地元を代表する屋根・瓦工事業者として、これからも多くの信頼と実績を獲得するために、新しい工法技術の習得、サービス向上への取組み、工事環境・地域環境改善への取組みなど、あらゆるニーズに対応可能な工事業者として日々努力をしております。
『大西瓦の屋根・瓦リフォーム工事実績』のページはこちら▼

Q10.できるだけ屋根のリフォーム修理にかかるコストを安く抑えたい。低価格の屋根材や工事代を安く抑える方法やプランなどアドバイスしてほしい。
A.

屋根工事イメージ【工事をお安くする方法をお伝えいたします。】お客様のご要望をお聞きし、お住まいの状況や現場の状況を見てからにはなりますが、屋根・瓦リフォーム工事の費用をお安くできる方法やアドバイスをお問合わせいただきましたお客様にお伝え致します。まずはお気軽にお電話くださいませ。
【フリーダイヤル】TEL:0120-602-024 まで

Q11.キャンペーンや割引サービスなどのお得な情報があれば教えてほしい。
A.

屋根工事イメージ【ご近所様大歓迎!】大西瓦の注目サービス。キャンペーンや割引サービスなど こちら▼

Q12.太陽ソーラーパネルに適した屋根材やおすすめの屋根工事を教えてほしい
A.

屋根工事イメージ屋根リフォーム工事と同時にソーラーパネルの設置を予定していて、電気工事業者さんがお決まりの場合は、業者さんとの打ち合わせを事前におこない、適正な屋根材や工事の種類をご提案させていただくことも可能です。

Q13.屋根工事の際に近隣へのご迷惑が気になる。工事の日数やご近所への対応について知りたい。
A.

屋根工事イメージ【近隣の方へご挨拶・ご説明に伺います。】きっちり!しっかり!丁寧に!お客様やご近所の皆様にできるだけご迷惑をお掛けしないためにも、できるだけスピーディーに安全第一に、お客様のお家の屋根をきれいにしっかりリフォーム工事致します。工事期間は、足場設置作業スタートから工事終了まで最短3日~平均約10日~1ヶ月位です。(工事期間中は、在宅可能です。)工事スケジュール・工事の流れについて詳細はこちら▼

Q14.雨漏り調査や雨といの点検をしたい。屋根の状態を写真に撮ってもらうことは可能?
A.

屋根工事イメージ【点検後に撮影した画像をご確認いただけます。】屋根の風化・退色・亀裂などの損傷箇所を写真撮影やチェック内容をお客様にご報告。雨漏りが予想される箇所、また、メンテナンス時期やリフォーム時期についてアドバイス致します。通気性、遮熱性、防災性について屋根診断の観点から現在お住まいの住環境についてアドバイスさせていただき、お客様の快適な暮らしづくりのお手伝いにお役に立つことができたらと願っております。屋根診断士による雨漏り点検サービスのページはこちら▼

Q15.2階の部屋の天井のシミが気になります。このまま放置していても大丈夫ですか?
A.

屋根工事イメージ【要点検・要リフォームです。】天井にシミがあるということは、屋根、または、外壁部分などから雨水が浸入していると考えられます。まずは、屋根点検にお伺いさせていただきますので、お気軽にご連絡くださいませ。雨漏りは、建築材を傷めて建物全体の寿命を短くし、湿気やカビなど、室内環境を悪化させる原因にもなります。また、最悪の場合、漏電による火災の原因にもなります。屋根は、建物全体を快適に守る重要な部分です。遮熱性、遮音性、防湿性、通気性、防災性を保ち快適な住環境を維持するために早めのメンテナンスをオススメ致します。屋根診断士による雨漏り点検サービスのページはこちら▼

Q16.リフォーム業者選びについて何かアドバイスがあれば教えてほしい。
A.

屋根工事イメージ【地元の実績ある業者を!】地元で実績のある業者がおすすめです。リフォームの場合は、屋根だけでなく、外壁や内装工事も一緒にご検討される方も多いので、全部の工事を請け負う工務店や大手のリフォーム会社にご依頼するケースも多いですが、最近では、ネットでそれぞれの専門業者に依頼して、工事の費用を安くするだけでなく、材料や仕様など品質もグレードアップするといった賢いユーザー様も増えております。近所の信頼できる良い業者を見つけることは様々なメリットもありますので、リフォームをご検討の際は、それぞれの専門分野の業者を探してみるのもアリかと思います。

Q17.屋根工事のついでに他の工事もお願いしたいんだけど・・・。
A.

屋根工事イメージ
屋根工事をおこなう際は同時にに外壁塗装やコーキングの打ちかえ補修などもいかがでしょうか。
他の箇所も同時にメンテナンスすることで、足場代費用の削減、工期短縮にもなるので、屋根以外の箇所のリフォームもお考えの方は、お気軽にご相談くださいませ。地元の信頼ある他業者さんのご紹介なども可能です。
ポリカ(ベランダ・カーポートの波板)工事、塀の上部の瓦取付け工事、サイディング工事(外壁交換)、サイディングのコーキング・シーリング部分打ちかえ交換工事、外壁塗装(一部・全部)、エクステリア工事などのご相談もお気軽にどうぞ。

Q18.駐車場もなく工事車両の侵入が困難な建物の屋根工事のお願いは可能ですか?
A.

屋根工事イメージ【ご対応可能です。】現場の状況を確認後、工事方法等について打ち合わせをさせていただきます。場合により、道路使用許可の申請やガードマン・誘導員の配置など、必要に応じて対応させていただきます。

Q19.カバー工法という工事について知りたい
A.

屋根工事イメージ【かぶせ葺きとも言います。】カバー工法とは、既存の屋根材に新しい屋根材をかぶせて葺く工事方法で、時間と費用を抑えることが可能で、リフォーム工事などに用いられます。また、リフォーム・改築時にアスベスト等の有害物質拡散のおそれがある屋根材が用いられている建築物の場合に、カバー工法による工事が用いられることがあります。建物の状態、屋根下地の状態、既存屋根材の種類などを調査し、カバー工法による工事が可能であるかを判断します。

Q20.瓦の種類、屋根材の種類を教えてください。
A.

【鋼板材】ガルバリウム・ジンカリウム等、耐風性、防火性、防水性能に優れた屋根材。

【軽量セメント瓦】日本の風土に合う重厚感や素材感ある新素材軽量瓦。台風、地震に強い屋根材。

【平形スレート・カラーベスト】軽い材質で衝撃に強く、工期も短く工事費用が低価格。外壁材にも。

【平板瓦・日本瓦】伝統的な建築物から洋式まで幅広く対応。高性能・防災瓦など種類も豊富。

【アスファルトシングル】屋根の形状や凹凸に対応。リフォームに適した屋根材で、屋根材が低価格。

Q21.雨漏りの原因になる場所や雨漏り修理でよくあるケースが知りたい。
A.

屋根工事イメージ雨漏り修理や屋根点検のご依頼で現場調査を行った際によくある屋根の不具合の状態をこちらのページで紹介しております。

【雨漏りとなる場所や原因 写真でご紹介】コチラ▼

Q22.屋根の塗装は屋根業者さん以外の塗装屋さんでも大丈夫ですか?
A.

屋根工事イメージ【屋根業者にご依頼することをおすすめ致します。】
屋根の塗装によって、雨水の流れの不具合により水溜まりを発生させ雨漏りの原因を作ることがあるケースを解説する記事をご紹介しております。

こちらのページ内の【屋根塗装の際は要注意】の一文▼をご一読くださいませ。