カバー工法(リッジウェイ)屋根リフォーム工事BeforeAfter(加古川市)

大屋根・下屋根カバー工法(リッジウェイ)屋根リフォーム工事BeforeAfter H29年3月 加古川市 ~リッジウェイ(ファイバーグラスシングル)葺き~

【工事内容】
・既存棟撤去
・粘着ルーフィング敷設
・大屋根・下屋根 リッジウェイ本体施工(旭ファイバーグラス㈱様 オリジナルブランド)
・軒笠木板金カバー工事
・軒、ケラバ板金カバー工事
・棟包み交換工事
工期:3日

 

 

【Before】
施工前☆経年劣化で傷んだカラーベスト屋根↓

 

 

 

【施工中】
施工中①粘着ルーフィング敷設しました!!

 

 

施工中②本体施工中!!リッジウェイ(^^)/(カラー:デュアルブラック)

 

施工中③

 

【After】
施工後☆カバー工法工事完了!大屋根・下屋根ともにリッジウェイにカバー工法させて頂きました(*^▽^*)

 

 

 

【Before】
施工前☆既存の軒先↓↓

 

【After】
施工後☆軒先板金工事完了!!

【Before】
施工前☆既存のケラバ↓

ケラバ=外壁から出っ張っている屋根部分の内、雨樋がついていない側をケラバといいます。

 

【After】
施工後☆ケラバ板金カバー工事完了!!

 

【Before】
施工前①既存の棟包み↓

施工前②棟板金を外し、古い下地の抜き板↓↓

 

 

【施工中】
施工中☆下地の抜き板を交換し、棟包みも新しく取り付け中!!

 

【After】
施工後☆

 

【お客様のご要望】
雨漏りがしてるので直して欲しいとのことでした。

 

【大西瓦から一言】
既存カラーベスト屋根が経年劣化により傷んでおり、隙間や錆が原因で所々雨漏りがしていました。軒天(軒先の裏側にある天井のこと)には水が溜まって腐っていました(*_*)既存屋根がカラーべストだったので、お得なリッジウェイのカバー工法を提案させて頂きました(*^▽^*)

既存屋根材がカラーベストの場合、カバー工法がお得!

【カバー工法によるリフォームのメリット】
なんといっても古い瓦の解体や処分が不要なところ!
屋根の解体には騒音や埃が立ちやすく、廃材処分にも手間と費用が掛かります。
その点カバー工法なら、それらの手間を省けるので、工期の短縮と費用の節約が可能でとてもエコなリフォームです!

また、リッジウェイの場合、
・耐震性
⇒1枚約1.7kgと軽量!リッジウェイの重量は1坪あたり約40kg(化粧スレートの約1/2)で耐震性◎
・耐候性
⇒無機であるガラス繊維を芯材にした耐候性アスファルトを基材に使用! 表面はセラミック焼付けで塗装されているので耐候性◎
・防水性
⇒リッジウェイはアスファルト基材で構成されている素材のため水分0!
・耐風性
⇒風速38m/s: 剥がれ、浮きなし実証!
・10年保証
⇒製品保証10年!(10年保証の対象は製品本体の他、補修工事代金も含まれます)※条件による※

カバー工法工事で一番のお値打ち価格が旭ファイバーグラス㈱さんのオリジナルブランド【リッジウェイ】になります(*^▽^*)アスファルトシングルの中でカバー工法工事ができるのもリッジウェイのみ!ですので、葺き替えコストを最小限で抑えたいお客様におススメさせて頂いております。

大西瓦では屋根点検出張サービスをはじめ、屋根の気になる部分のちょっとした修理やメンテナンスにも柔軟に対応致しております。瓦のズレ、捲れなど、雨漏り修理でお悩みの方、業者探しでお困りの方、屋根リフォームの専門業者大西瓦までお気軽にご相談くださいませ!
お家の外のリフォーム工事全般なら、是非☆是非☆大西瓦にお任せください!(^^)!
roofing_check_service1br