屋根メンテナンス工事(漆喰&谷板金交換工事)ビフォーアフター(加古川市)

台風、ゲリラ豪雨、雨漏り対策修理工事
屋根メンテナンス工事(漆喰・谷板金交換工事)BeforeAfter H30年7月 (加古川市)

 

【工事内容】
・漆喰工事(ハツリ含む)
・谷板金交換工事(ガルバリウム鋼板)
・谷板金工事に伴う瓦めくり復旧
・壁際のし瓦バラシ復旧
・棟積み直し工事

工期:10日

 

 

【漆喰施工中】
施工中☆経年劣化により傷んだ漆喰をハツリました!

 

 

 

【漆喰After】
施工後☆漆喰塗り終わり工事完了!(*^▽^*)

 

 

【瓦施工中】
施工前☆雨漏れしている瓦をバラしてる途中です!

 

 

 

【瓦After】
施工後☆瓦復旧しました!(*^-^*)

 

 

 

【谷施工中】
施工中①谷をめくりました!

 

 

 

施工中②ゴムアスルーフィング(防水紙)敷設しました!

 

 

 

施工中③新しいガルバリウム鋼板を入れて谷シーラーを張りました!
※”谷シーラー”を取り付けることにより、土が横に出てくることを防ぎ、横降りの雨にもガードができます(^^♪

 

【谷After】
施工後☆谷交換工事完成です!(*^▽^*)

 

 

 

【お客様のご要望】
劣化した漆喰の交換工事と、雨漏り改善修理のご依頼でした。

 

 

【大西瓦から一言】
今回、工事させて頂きましたお家は、これぞ日本家屋!といった、いぶし瓦でとても立派な大豪邸でした。
現地調査をさせて頂きますと、谷板金の劣化と銅板の腐食により雨漏りしておりましたので、
とっても丈夫なガルバリウム鋼板にて施工させて頂きました!
又、大屋根のあちこちからの雨漏り原因は、瓦のズレによるものでしたので瓦の補修工事と、ご依頼頂いてました漆喰の交換工事を行いました。
雨漏りの原因箇所も修繕されて、とても喜んで頂けました!(*^▽^*)

 

<漆喰の役割>
①屋根を守る
瓦同士がズレたり、棟瓦下の積土が崩れてしまわないように固定したり、瓦の隙間から雨水などが下地に入り込んでしまわないように防いでくれます。

②外壁を守る
建物を太陽の熱だけでなく外気の温度や湿気からも守ってくれる役割があります。
漆喰の細胞構造が多孔質(穴が多く開いている)ため、藻やカビも発生しにくくなります。

③部屋の空気を整える
湿気の多いときは余計な湿気を吸い込み、乾燥気味なときは溜めこんだ湿気を室内に放出し、湿度を整えます。

 

屋根板金工事 壁際、谷板金の工事ならお任せを!▼▼▼
http://www.kawara-onishi.com/service/roofing-plan2#sv25

お家の定期的なメンテナンスは日々の体調管理と同じ大事なことです!!!(*^▽^*)