台風、ゲリラ豪雨、雨漏り対策修理工事(棟積み替え&地瓦葺き直し工事)加古川市

台風、ゲリラ豪雨、雨漏り対策修理工事
棟積み替え&一部地瓦葺き直し工事BeforeAfter H28年10月 加古川市

 

【工事内容】
・本棟積み替え工事(なんばん仕上げ、ゴムアスルーフィング敷設含む)
・棟の胴割れ(桟瓦)
・地瓦伏せ直し(新設ゴムアスルーフィング敷設、瓦桟含む)
工期:3日

 

 

【Before】
施工前☆経年劣化で傷んだ棟↓
skn1cimg0335

 

 

 

 

【施工中】
施工中①既存棟撤去中!
skn2cimg0338既存棟をバラシ作業中!

 

 

 

施工中②棟際の瓦(胴割れ=桟瓦)を入れました(*^▽^*)
skn3cimg0360のし瓦と桟瓦の隙間が多かったため棟際まで新しく瓦を入れました(色味の違う瓦が新しくいれた胴割れです)

 

 

 

施工中③一段目ののし瓦を積みました(*^-^*)
skn4cimg0362

 

 

 

施工中④雨漏り対策箇所周辺の瓦をめくり中!
skn6cimg0340

 

 

 

施工中⑤めくった瓦の下にゴムアスルーフィングを敷設し、瓦桟打ちました(^^)/
skn7cimg0358

 

 

 

 

【After】
施工後☆棟の積み替え工事&一部瓦めくり復旧作業完了!
skn8cimg0365

 

【お客様のご要望】
台風(ゲリラ豪雨)にそなえ雨漏り対策修理点検をお願いしたいとのことでした。

屋根診断士による雨漏り点検サービスの詳細はこちら↓↓
http://www.kawara-onishi.com/waterproofing-check
roof_consultant_akashi_kobe_kakakogawa

 

【大西瓦から一言】
台風(ゲリラ豪雨)にそなえ屋根の点検をしてほしいとのご依頼を頂き、現地調査させて頂きましたところ、雨漏り対策箇所を2ヶ所発見しました。1箇所目は棟の積み方に問題がありのし瓦と桟瓦の間に隙間があり棟の漆喰の経年劣化で雨水が浸水している状態でした。もう1箇所は一部地瓦に経年によるズレが生じておりそこから雨水が浸水していました。棟の積み替え工事の際に隙間のある箇所に新しく棟際瓦(専門用語で胴割れといいますが一般的には桟瓦)を葺き、浸水箇所にはゴムアスルーフィングを敷設し瓦の葺き直し工事をご提案させて頂きました(*^▽^*)

 

瓦差し替え工事 雨漏り修理(屋根の一部分の修理)工事ならお任せを!▼▼▼
http://www.kawara-onishi.com/service/roofing-plan2#sv21

 

お家の定期的なメンテナンスは日々の体調管理と同じ大事なことです!!!
お家にとって大切な屋根を元気に長生きさせてあげる秘訣=屋根の定期メンテナンス(*^▽^*)

 
roofing_works_shop_onishikawara1

大西瓦では屋根点検出張サービスをはじめ、屋根の気になる部分のちょっとした修理やメンテナンスにも柔軟に対応致しております。瓦のズレ、捲れなど、雨漏り修理でお悩みの方、業者探しでお困りの方、屋根リフォームの専門業者大西瓦までお気軽にご相談くださいませ!
お家の外のリフォーム工事全般なら、是非☆安心実績の大西瓦にお任せください!(^^)!
 
roofing_check_pr2

屋根修理 雨漏り修理は大西瓦の屋根診断士にお任せを!

 

日本屋根診断士協会会員「屋根診断士リフォームショップ」指定販売工事店(株)大西瓦の屋根点検・メンテナンスサービスについて▼▼
http://www.kawara-onishi.com/waterproofing-check

 

屋根のリフォームは専門知識のある屋根業者(株)大西瓦 屋根・外壁の防水しっかり!雨漏りを防ぐには?▼▼
http://www.kawara-onishi.com/house-renovation

 

瓦の差し替え、雨樋工事、駐車場の波板交換などの部分工事の価格▼▼
http://www.kawara-onishi.com/service/choice1

 

お家の外のリフォーム工事全般なら、是非☆安心実績の大西瓦にお任せください!(^^)!

roofing_check_service1br

【大西瓦からの豆知識】
瓦の葺き替え=既存の瓦を新しい瓦で葺き替えする工法をいいます(*^-^*)
瓦の葺き直し=既存の瓦を再利用して、ルーフィング、下地材を交換する工法をいいます(*^▽^*)

胴割れ=桟瓦のことをいいます。わかりやすい言い方をすると棟の際に葺く瓦のことです(^^)/